騙されないように注意しましょう。ある資産形成の有料セミナーを体験してきました。

先日、知り合いの保険屋の紹介で、FP(ファイナンシャルプランナー)が主催する、とある資産形成の有料セミナーに友人の付き合いで一緒に行ってきました。資産形成について何コマか講義があり、1回が長時間にわたるので、その1コマしか出席していませんが内容をブログさせて頂きます。

 

 

預金封鎖を煽る内容

内容に関してはただただ国が借金まみれであり、このままでは間違いなく預金封鎖が起こるので、ハイパーインフレが起こってもおかしな事ではなく、資産を全て国内の『円』で保有することは危険なので、資産のリスクヘッジから海外にも口座を開きましょうといった内容です。

 

そして海外投資を行うことでの第一歩として海外口座を作りましょうと。預金封鎖の内容に関しても、戦後日本は何度かの預金封鎖を行っているので、2度あることは3度ある的なこともプレゼンされていました。

 

また既にNHKでも預金封鎖の内容を特集しており、預金封鎖はじわりじわりと現在進行中である。そして国会議員などは既に国内での銀行預金を行っておらず、海外に保有資金を逃がしている。といった話にもなっています。海外口座開設を促していたのは、HSBC香港・standard Chartedでした。

 

半分当たってますが、半分は間違っています。よくある手法です。

 

自分自身が、すで将来の子供の為に資産形成として海外養老保険・海外個人年金保険を行っていることから、解約返戻金や個人年金もドルで受け取るので、既に有料セミナーの『円以外での財産を保有』に関しては問題ないと思っています。銀行でいう、為替手数料が少なく・ペイオフがある外貨預金を海外保険で将来行っていると思って頂いて良いかと思います。

 

少し強烈なメッセージだなと感じたのは、動画で預金封鎖についてを何回も繰り返し、聴講者に聞かせていたことですね。あくまでも海外口座開設を促し、それを皮切りに海外投資(長期積立・不動産)を行うといったストーリーなんでしょうか。ただプレゼン内容は筋が通っているように見えますし、また長時間に渡って海外投資で資産形成を話していたので、確かに上手なプレゼンでした(笑)

 

私としては、保有資産の円とドルの分散化・投資を1つの籠に盛らないのは正しいと思いますが、先に『守りの商品』(海外個人年金・海外養老保険)から行うことが必要だと思います。『攻めの投資』(こちらで言う海外積立投資・不動産)を行うことで保有資産が無くなれば、人生万事休すですから。。→ 関連ブログです。

 講師の方に「少しお時間あれば話しませんか」と誘われました。

講義が終わってから、講師の方に「少しお時間があれば話しませんか」と声を掛けられました。こちらも間違いなく主催者からのアクションで良く行われる手法ですね。

 

一応、攻めの投資について若干お伺いしましたら、FX投資について独自のグループがあるから参加しませんかとの事です。
最低000万からの参加で利益は利確の55%。今まで負けてはいませんとはっきりおしゃっており、『FX・株はプロに任せたら良いんです』と。

 

勿論プロに任した方が良いと思いますが、プロでしたら得体の知らないあなたより公認された投資信託に少なくても預けますと思いながら、無駄な時間だったなと帰宅しました。

 

その後、連絡先に『今月の実績確定しました』と運用成績表が毎月送られてきてます(笑)

 

こういった案件は、間違いなくマネーリテラシーのない人から搾取した金額で運用益をあげており、新規に預けてもらえなくなった途端に何らかの理由をつけてすべてのお金が無くなります。絶対に会員制の投資案件には手を出さないで下さい。

 

今回実際にLIFEが体験したことで、読者の方が騙されないように、これからマネーレテラシーを向上していきましょう!そして間違っていない資産形成術で将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです!一緒に頑張っていきましょう!

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックよろしくお願いします↓

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

投資に無理は厳禁!着実な資産形成の為に少額でも一歩ずつ前進あるのみ!

資産形成への第一歩。ある定期預金キャンペーンを利用してみませんか。

教育費が今後掛かる人にお知らせです。またもや私立大学授業料は対前年度比0.5%増...

資産形成への第一歩。「四分の一」貯金。

今月も利益を出す株取引を!今年は着実な利確を心掛けています

【最新】子供の学費(教育費)の総額は平均いくらなのか?シュミレーションで将来への...