教育費が今後掛かる人にお知らせです。またもや私立大学授業料は対前年度比0.5%増。

本日、私立大学等の平成27年度入学者に係る学生納付金等調査結果が文部科学省から発表されました。

平成27年度の私立大学(学部)における「授業料」については、対前年度比0.5%増の868,447円。一方、初年度学生納付金(授業料、入学料、施設設備費の合計)については、対前年度比0.2%減の1,308,962円となっており、実験実習料等を含めた初年度に納める総計は、対前年度比0.2%増の1,438,571円となっております。

初年度学生納付金に関しては対前年度比が0.2%減少しているものの、授業料に関しては学部の9割が高くなっています。つまり、入学料が安くなっても授業料が高くなれば結果的に大学4年間(医歯薬系も同様)の総額は高くなるでしょう。という訳です。

以前、国立大学の授業料についてもブログさせて頂きましたが、大学の授業料は将来今では考えられないほど増加していく事が予想されると思います。

では、どんな方法で給与のベースアップを図ったら良いのかを考えました。

 

まずは固定費の見直し節約から。

 

交際費・食費等、色々ありますが無理なく出来る節約としては以上のようなものもあります。節税もありますが、こちらはまた別の機会でブログさせて頂けたらと思います。ただ、サラリーマンの方は節税し辛いですね。

毎月の収入を増やす。

サラリーマンの方なら出世し給与UPする必要がありますが、こちらはタイミングなど自分では決めれない事かもしれません。また毎月の給与ベースアップを図るには副業も一つの手ではあり、私も副業には大賛成ですがサラリーマンの正社員の副業は社内規定で厳しくされているところが多いのも事実ですので注意してください。

 

投資を行う。

投資は元本保証がないことは周知の事実だと思います。ただ普通預金や定期預金では現状の金利では一向に増えてきません。その中でも投資経験が無く初心者にお勧め出来るのが、

・NISA(税制面で有利)
・iDeCo(個人型確定拠出年金。全員が加入出来ない場合があります)
・積み立てNISA(2018年1月~)

です。ただ一長一短がありますので注意が必要です。

 

まとめ~資産形成~

投資には代表的なものが、不動産・株トレード・投資信託といったものがあり、世の中にはその他まだまだあります。しかし投資案件はありますが、その投資を行うのに、軍資金がある程度必要なのも事実です。

 

私の場合は、まずは貯金を行い、ある程度の軍資金が溜まってから、オフショア金融商品で元本保証のある投資で『守りを固め』、株トレード・そして不動産投資を行っていき、子供の為に資産形成をしています。

 

株トレード・投資信託・貯金などを行ってから、オフショア金融商品を買っても問題ないと思います。

 

また軍資金を作るためには副業などの複数の収入源もあった方がスピードが速いです。

 

ただ、資産形成を早く行いたいあまり、怪しい投資案件・仮想通貨案件・オフショア投資案件の「良い話があるんだけど」には付いていったらダメです。本当に世の中詐欺師が多いです(笑)LIFEも若いころには私募ファンドで騙されました。そして株トレードに関しても独学では必ず損をします。

 

ですので、資産形成する為にも、信用の出来るメンターを必ず1人以上は捕まえてください。

今はインターネットが普及してますので、探すために行動起こすのみです。問い合わせなどを使い気になるブログの内容の方にメールしてコンタクトを取ってみましょう。

 

そして信用できるメンターに出逢えたら後は前に進むのみです。
資産形成を行い、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです!一緒に頑張っていきましょう!

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックよろしくお願いします!↓

こちらはオフィシャルブログとなっています! → https://letsenjoylife21.com/

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

元本確保に限りなく近い確実な金融商品はあるが、それはもはや資産運用と呼べない。

投資信託でアクティブファンド運用を考えいるなら真偽を確かめよう!

断捨離は手っ取り早い資産形成の手段!?生活を見つめ直すとお金が貯まる!

2031年に国立大学の学費が54万→97万へ。辛い現実を目の当たりにして。。

今でしょ!は資産形成では当てはまらない。投資はタイミングが10割

投資初心者のおすすめ金融商品は長期積立での国内投資。ただそれだけでは。。