お金持ちだから投資をするの?貯蓄が多い世帯は貯蓄額の2割を投資へ

平成29年5月16日に公表されました、統計局の平成28年家計調査報告です。

 

『Ⅲ.世帯属性別にみた貯蓄・負債の状況』を見てみましょう!

 

 

貯蓄の種類別構成比(貯蓄現在高別)

 

 

ちなみに貯蓄現在高の区分は、

第Ⅰ階級の世帯:~ 250万円
第Ⅱ階級の世帯:250~ 678万円
第Ⅲ階級の世帯:678~ 1378万円
第Ⅳ階級の世帯:1378~ 2843万円
第Ⅴ階級の世帯:2843万円~

となっています。

 

こちらによりますと、貯蓄現在高が最も高い第Ⅴ階級の世帯の有価証券の割合は約2割 。

 

貯蓄現在高が低い階級では,通貨性預貯金の割合が高くなっており、
一方,貯蓄現在高が高い階級では,定期性預貯金及び有価証券の割合が高くなっています

 

特に貯蓄現在高が最も高い第Ⅴ階級についてみると,有価証券の割合は約2割となっています。

 

では、次の資料も確認してみましょう!

貯蓄の種類別構成比(年間収入別)

 

ちなみに年間収入の区分は、

第Ⅰ階級の世帯:~ 449万円
第Ⅱ階級の世帯:449~ 588万円
第Ⅲ階級の世帯:588~ 733万円
第Ⅳ階級の世帯:733~ 923万円
第Ⅴ階級の世帯:923万円~

となっています。

 

貯蓄の種類別貯蓄現在高の構成比をみてみますと,預貯金は第Ⅰ~Ⅲ階級と比較しますと、第Ⅳ・Ⅴ階級では低くなっています。

 

 

また、有価証券は第Ⅴ階級が15.3%と最も高く,第Ⅰ階級が6.8%と最も低くなっています。

 

まとめ

年収・貯蓄額が高くなるにつれて、投資している割合が高くなっています。

 

また、年収・貯蓄額が高くなるにつれて、預貯金の割合が低くなっている事も分かっています

 

年収があり貯蓄も出来るから、その分を投資に使えるのでは?と考えてしまいがちですが、実際は如何でしょうか。

 

お金持ちの人達は、実直な行動で、情報レテラシーを高める事により、お金に働いてもらってませんでしょうか。

 

少し人よりも情報リテラシーを高め、着実に投資をするから、人よりもお金持ちになっていると、私は思います。

 

投資額の割合は、半年間の最低生活費かつ現状の貯蓄額の「100-年齢」%と良く言われます。

 

無理をしないで、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックよろしくお願いします↓

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

将来の目標金額に向かって各々でカスタマイズ!運用手段は千差万別

勝利の近道!?株式投資で利益を狙うには早めに教わるのがベスト!

下落時にどう行動するかで将来が変わる!?今から積立投資を始める人はチャンス!?

業者に騙されないで!どの海外オフショア投資を選択するかは一人ひとり違います!

子供の将来・老後が不安!?サラリーマンは源泉徴収票を確認する習慣を!

お金持ちになるゼロからの資産形成。まず最初に何を心掛けたら良いのか。