coincheck(コインチェック)の事件を受けて、実際どうなるかを予想する。

先週26日(金)は仮想通貨業界において、世界を震撼させる事件が起こりました。

 

コインチェックで取引している仮想通貨の一つ「NEM(ネム)」約580億円分(5億2300万ネム)が外部からの不正アクセスで消失したとの発表です。

 

これにより、26日より現在までコインチェックの取引所からは、日本円・仮想通貨の出金・送金を全て止められている状況です。

 

現在では「NEM(ネム)」の保有者全員に、日本円で返金されるそうですね。

 

26日のコインチェック記者会見では、コインチェックのセキュリティーの甘さが露呈され明らかにコインチェック企業自体に問題がありましたが、

 

記者会見内容・SNS・その後のマスコミの行動・TVでのコメントを客観的に見て今回の事件は大変勉強になりました。

 

賢い投資家は常に冷静

賢い投資家は当事者であっても常に冷静です。

 

おそらく仮想通貨だけではなく、他の投資案件に関してもリスクを常に考えているのと、

 

もしそれが0(ゼロ)になったとしても、他での分散投資やおおもとの収入で問題ないのでしょう。

 

流石にキャッシングでのお金や貯金のほとんどをつぎ込んで仮想通貨をしている方はいらっしゃらないかと思いまし、仮想通貨は元々余剰資金で行うものだと考えています。

 

何より、一個人が騒いだところで事件の結果が変わるものではありませんし、こういう時こそ、冷静な対応・静観しなければ、状況を見極める事が出来ません。

 

逆に何かチャンスが転がっているかもしれません。

 

実際、報道で流れている内容・TVのコメンテーターの内容は仮想通貨に触れている者にとってはかなり、事実と程遠いです。

 

ここぞとばかり仮想通貨の悪いところだけを報道・SNSに投稿(危険だ・心配だ・ふざけるな)されており不安を煽る人が多いので、

 

必要以上に過敏にならずに今後どのようになるのかを、良い機会なので各個人が予想してみては如何でしょうか。

 

不幸があった際の報道・SNSは発言者の立場もありますが、発言者の性格・思考など心の底が見えてしまいます。

 

偉そうになって言っているわけではなく、もう起きてしまった事は仕方がありません。

 

今後の自分達の対応を求められるわけで、これで仮想通貨に投資?投機?するのは怖いと断定してしまうのは、もしかすると機会損失であるかもしれませんし、誰にでも言える事です。

 

私は個人的にコインチェックが今後どの様になるかを予想しています。

 

色々な立場で考えて予想しています。

 

ただ、何度も言いますが今後仮想通貨を行うとしても、余剰資金で行うものであり、各自セキュリティーを高める必要はあります。

 

もし、この事件があっても引き続き投資を行おうと考えている方は、各自自己責任で今後何が起こっても、

 

一喜一憂することなく、そして誰も恨むことなく、仮想通貨で投資を行ってくださいね♪

 

皆様も無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

 

投資仲間や、是非何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

仮想通貨は危険じゃないの!?資産形成でトライする価値はあるのか!?

現在の仮想通貨は早めに情報を取れた人が儲けている典型的な投資!