個人年金の FlexiRetire Annuity Plan が発表されましたね!

以前、個人年金が昨年末(2017年12月)に終了とご紹介していましたが、Diamond Income → FlexiRetire Annuity Plan とマイナーチェンジですね♪

 

それにしても昨年12月に個人年金 の 新規加入終了と言われていただけに、『終了じゃなかったの?』と思われている方も多いかと。。

 

LIFEもその一人で、もうオフショア投資の風物詩みたいなものですね(笑)

 

話は戻りますが、手堅い安定志向のLIFEとしてはこの個人年金は大変魅力的です。

 

今後公的年金は少子高齢化で、65歳以上受給 or 受給額が減少 と予想される中、FlexiRetire Annuity Plan では最終的な金額が保証(guaranteed)されているのは、大変助かりますね♪

 

もし、日本の個人年金に加入していなければ、香港の個人年金1本で契約したかったです。もし社会人1年目から香港の個人年金を契約していれば、60歳からの受給額はとんでもない金額になってました(^▽^;)

 

比較する必要はありませんが、日本の個人年金と比較すると雲泥の差です。。

 

毎月5万/月っていくらで将来運用していることなの?

シュミレーションは以前のDiamond Income になりますが、以下のblogを参照頂けますと幸いです。メリット・デメリットとして明記させて頂いています。

 

掛け金のシュミレーションによって各々違うと思いますが、FlexiRetire Annuity Planでの大きな変更点は、一括で支払いが出来なくなった点と配当の受取時期を自分達で決めれるところです。

 

FlexiRetire Annuity Plan が発表されました。下記のblogも参照頂けますと幸いです。 ※現在渡航無しになりまし...

 

blogでのシュミレーションでは60歳~90歳を最低でも 約5万/月保証されています。運用益が良ければもっとですが、約4%の運用率です。
※これでも61歳時での毎月の保証収入額の30か月分ボーナスは含まずの計算です。

 

約5万/月で配当をもらうとすると、約60万/年(最低金額)。4%で運用するとして1500万を配当付きの投資信託などに預けている計算です。

 

個人の考え方は様々かと思いますが、この保証が付いている個人年金は将来の資産が立てやすいのと、日本の年金へのリスクヘッジも兼ねてLIFEは契約しています♪

 

それと伴い、他のオフショア金融商品と一緒で外貨で運用出来ますしね(^^)/

 

そして無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

資産形成やオフショア投資、何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

資産を外貨に分散する事で将来のリスクヘッジにもつながります

今後ますます厳しくなると予想!?オフショア投資は徐々に規制の対象に。。

大学の学費の為に将来への投資を考えよう!

物への購買欲が低い人なら将来価値が下がるものよりも金融商品へ投資した方がお得!?

海外の個人年金は騙されたと思うぐらい良い金融商品です。

将来子供はその資産額に驚く!?0歳から子供の為にオフショア生命保険を契約!