手数料を見直すだけで資産形成!?金融商品を購入する際は手数料を細かく確認!

金融商品の中では、オフショア投資・ETF・米国株・国内株・投資信託、あげればきりが無いですが、私たちが生活する中で手数料を取られるケースは多々あります。

 

『買付金額によって手数料が変わる金融商品』・『キャンペーンで今なら手数料お得の金融商品』・少し高度になっていくと『最初に一括で支払いするとクレジットの手数料を減らしてくれる金融商品』などなど・・

 

私たちの豊かな生活を構築する為には、世の中にある金融商品を上手く契約・購入する事が必須ですが、その際どうしても避ける事が出来ない『手数料』という金額が発生してしまいます。

 

金融機関の手数料は長い年月で見た場合、かなりの金額の差になりますし、ずっと固定の金融機関で人生を共にする必要は無いので、

 

時間があれば1年に1回ぐらいは、その手数料は業界の中で悪くないかを見直してみましょう♪

 

この『手数料』に関して、あまり気にされていない方は今すぐ改善する事で、下手な資産形成を行っているよりも効果があると思いますよ!

 

その手数料は正当な金額かをいちいち調べてみる!

金融商品の中でも、あまり見えてこない手数料の多い業界としては、『保険』『不動産』ですね♪

 

『保険』に関しては先日のblogでご紹介しました^_^

若い事にセールスレディーから『社会人になったんだから生命保険に入らないと一人前にはなりませんよ』と良く言われていました(^▽^;) ...

 

また『不動産』に関しては、引越しに伴う賃貸契約の手数料も代表的な一例です。

 

最近は『仲介手数料』と言われるものが、だいぶ低くなりましたが、まだまだ高級物件や強気の物件では、仲介手数料を多めに取っているところが多いですね。

 

こういうものは、交渉次第で一発で安くなりますし、友人などが不動産会社に勤めている場合なども使えます。

 

また優良な不動産屋では『仲介手数料を0』と掲げているところもありますが、逆になぜ0になっているのかを、その不動産屋に聞いてみても良いかもしれません♪

 

ただ、テクニックの話になりますと、『自分の名前』を特定の物件で使いまわししていると色々面倒になるので、交渉する不動産で家族の名前など使いまわしたがよいかと思います(笑)
そして、不動産の売買に関しては、手数料が高額な金額になりますし、素人は知らないところが多いので間違いなく手数料を多めに取られていますよ(^^;

 

その際、正当な金額かを確認する『セカンドオピニオン』を付けるのも有りだと思います。またLIFEが知っている優良な不動産も紹介する事が出来ます♪ただ地域は限定となりますが(^^;

 

『金融』関係だけではなく、世の中の手数料に関して敏感になって頂けますと幸いです♪

 

そして無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

資産形成やオフショア投資、何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

騙されないように注意しましょう。ある資産形成の有料セミナーを体験してきました。

同僚からの相談。お金は貯蓄するだけでは意味なし。早めにお金にも働いてもらう

2031年に国立大学の学費が54万→97万へ

日本人の平均所得額・平均貯蓄額を年齢別で調べてみました。

資産形成の初心者は、資産形成の『方法』より『目的』をまず考える事がお勧め!

将来の目標金額に向かって各々でカスタマイズ!運用手段は千差万別