海外積立投資の中で保証されている金融商品はメンタル的に安心!?

現在、日本人が契約出来る海外積立の金融商品は多数あります。

 

また、6月迄で終了のアナウンスがある金融商品もその中でいくつかあり、お問合せ頂いた方にその旨をお知らせすると早速渡航された方もいらっしゃいます。

 

6月で終了する金融商品は今のところ濃厚で、結局将来行きつくところは『非居住者のみ』『日本人は契約出来ない』と今迄の海外積立投資と同じく、

 

将来的に全ての海外積立が出来なくなると考えています。

 

勿論急かすつもりは無いですし、海外積立投資を促す事はしていません。国内の金融商品で投資する事でも普通なら十分です。

 

将来設計は皆さん一人ひとり違いますが、迷っているなら素早く行動した人が将来加速的に資産を増やせるアドバンテージがあるとLIFEは考えます。

 

そしてもし海外積立をするなら、途中解約はやめた方が良いです。でしたら20年の契約を行い10年で解約してしまうなら、初めから10年で契約しましょう。

 

それに、最低金額で構わないので無理のない積立を行いましょう。

 

悪徳業者は、コミッションフィーを高くするために長期間の契約を促し、2年間積立すれば積立をストップしても良いなど、

 

訳の分からない事を言ってきますが、絶対に信じたらいけません。

 

若い人の方が間違いなく将来の運用は有利になりますが、年齢的に長期間の運用が厳しければ2年で積立を行える金融商品がある事も事実です。

 

海外積立は若い人だけではなく、人により様々な用途で積み立てをシュミレーションすることが出来ます。

 

 保証がある金融商品を選択するのも一つ

海外積立投資には、将来の資産を保証してくれる金融商品があります。

 

学資保険として、お子様が大きくなる前に140%・180%元本確保型、また積立てを行いどんなことがあっても最低の金額は保証されている金融商品と様々なものがあり、

 

10年間に1度ある大不況下でも気にせずに積立を行えます。毎年の運用率が気になるというメンタルの方には良いかもしれません。

 

そして、これらの金融商品を選択する事によって資産を増やす加速度が増しますので、業者によって1種類の海外積立投資を教えてもらえていない人は注意が必要です。

 

その中には、死亡保険が手厚くなっている金融商品もあり、この金融商品は運用利率は他のオフショア金融商品の中では予定利回りが低いですが(勿論日本の保険と比較したら雲泥の差)

 

世界で勝負でき、日本人が契約する事が出来る数少ない海外の養老保険もあります。

 

知っている知っていないでは、世界が変わりますよ!(^^)/

 

そして無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

 

資産形成やオフショア投資、何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

オフショア金融商品を加えた資産形成術

最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

 

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

魅力ある海外養老保険の新規加入はあと数か月!?メリットとデメリットをご紹介

海外養老保険って実際どうなの?魅力をリアルに紹介します!

国内外貨建て生命保険 と オフショア生命保険 では運用方法が全く違います

資産を外貨に分散する事で将来のリスクヘッジにもつながります

勧められる金融商品は『手数料の高い金融商品』と疑った方が良い!?

国内では難しい!?海外オフショア積立投資を選択するメリットの1つは複利効果です