メリット!?インベスターズトラスト S&P500インデックスは学資保険に良い!?

海外積立投資で人気のあるインベスターズトラスト(ITA)S&P500 index は元本確保型でもあるので、学資保険にぴったりと言われています。

 

15年後に最低140%は元本確保となりますので、お子様を私立の大学に通わせたいと考えていらっしゃる方・確実に資産を増やしたい方に人気があります。

 

ちなみに、インベスターズトラスト(ITA)S&P500 indexが、どんな金融商品かを簡単に明記しますと、

 

【メリット】

・元本確保がある

・15年(最低140%元本確保)以上から元本確保あり。20年(最低160%元本確保)

・勿論、運用が140%以上だった場合はその分は利益

・確実に長期積立を行えば、不況に陥ったとしても利益は確保

・日本で契約可能

 

【デメリット】

・リーマンショック後にS&Pへ一括投資を行っていれば10年間で(2009~2018)3倍。ただ3倍であった(未来は分からない)

・為替リスク(こちらはメリットの可能性も有)

・積立停止・引出しを一度でもすると保証は不可(流動性は悪い)

・高格付金融機関が提供する仕組債により元本確保。これらの投資機関が支払い不能に陥った場合には、投資家の資金の一部または全額が失われる可能性

・Investors Trust の倒産のリスク

 

果たしてどのように理解したらよいのか

 

リーマンショック後にS&P500に一括投資を出来れば、10年で3倍でした。

 

ただ、積立投資を国内で行うと、S&P500を1口ずつ購入となりますので、最終的には出口の購入金額に全ては収縮されてしまいます。

 

ですので、普通に10年間長期積立では総積立金額の3倍にはなりません。おそらく毎月同じだけ積立て、そして直線的に基準値が増えていくと仮定すると10年で1.7倍前後だと考えられます。

 

こちらはオフショア投資のメリットである『複利』がいかされています。

 

『高格付金融機関が提供する仕組債により元本確保。これらの投資機関が支払い不能に陥った場合には、投資家の資金の一部または全額が失われる可能性』の部分を自分なりに理解出来れば、

 

15年140%を確保出来る、インベスターズトラスト(ITA)S&P500インデックスは有りだと思います。

 

この辺りの解釈を自分なりに正しい理解が出来るかがどうかで、将来の資産は人と違ってきますね♪

 

リテラシー向上は必要ですね(^^)/

 

そして無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

 

資産形成やオフショア投資、何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

オフショア金融商品を加えた資産形成術

最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

無理な投資はメンタルがやられます。無理な投資よりは収入の柱を増やすのがベスト

オフショア養老保険を契約する前は国内保険を契約していました

オフショア投資ってなに?詐欺師に騙されないように資産形成を行いましょう

海外の個人年金は騙されたと思うぐらい良い金融商品です。

時間を味方に付ける資産運用 72の法則 

今でしょ!は資産形成では当てはまらない。投資はタイミングが10割