【2018年5月】海外ETF ランキング(世界の純資産と日本の売上)

2018年5月現在での海外ETF純資産順でのランキング20位です。1位のSPYは$256.76B(26兆円以上)で純資産が桁違いです。

【引用】ETF Screener & Database

こう見てますと、S&P 500 ETF が圧倒的に人気があります。

SPY:SPDR S&P 500 ETF Trust(0.09%)
IVV :iShares Core S&P 500 ETF(0.04%)
VOO:Vanguard S&P 500 ETF(0.04%)

信託報酬も低く歴史のある大型株。間違いない米国ETFです。信託報酬もほぼ無視できる金額かと思いますが、20年・30年長期間投資をすることで投資額が1000万単位ですと数十万の手数料の違いは出てきます。純資産残高も莫大で上場廃止での繰上償還は起こりにくいと考えられる為に、私ならIVVVOOをお勧めします。

 

更にランキング20位をカテゴリー別に分けてみました

 

 

米国株

【S&P】
SPY:SPDR S&P 500 ETF Trust (0.09%)
VOO:Vanguard S&P 500 ETF  (0.04%)
IVV :iShares Core S&P 500 ETF (0.04%)
IJH :iShares Core S&P Mid-Cap ETF(中型株 0.07%)
IJR :iShares Core S&P Small Cap ETF(小型株 0.07%)

【全体・大型・小型】
VTI :Vanguard Total Stock Market ETF (米国市場全体 0.04%)
QQQ:PowerShares QQQ Trust(NASDAQ100連動型 非金融大型株 0.20%)
IWM :iShares Russell 2000 ETF (ラッセル2000連動型小型株 0.20%)

【バリュー株・成長株】
VTV :Vanguard Value ETF  (大型・中型バリュー株 0.05%)
IWD:iShares Russell 1000 Value ETF (大型バリュー株 0.20%
IWF:iShares Russell 1000 Growth ETF(大型成長株 0.20%)

S&Pでは中型株・小型株を集めたS&P400・600も人気を集めています。
ベンチマークでは、S&PNASDAQ100CRSP US Total Market IndexRussell (2000・1000)が使われています。

米国株以外の先進国株

VEA: Vanguard FTSE Developed Markets ETF(アメリカ除 0.07%)
EFA: iShares MSCI EAFE ETF (北米除 大型・中型株式 0.32%)

IEFA: iShares Core MSCI EAFE ETF (北米除 インベスタブル・マーケット・インデックスに連動 0.08%)

ベンチマークはFTSE Developed MarketsMSCI EAFEが使われています。

新興国株

VWO:Vanguard FTSE Emerging Markets ETF  (新興国から韓国除 0.14%)
IEMG:iShares Core MSCI Emerging Markets ETF (0.32%)
EEM  :iShares MSCI Emerging Markets ETF (0.69%)

ベンチマークのFTSE Emerging Market MSCI Emerging Marketと比較して新興国から韓国が除かれています。

米国総合債券

AGG :iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF (0.05%)
BND :Vanguard Total Bond Market ETF (0.05%)

コモディティ

GLD:SPDR Gold Trust Commodities:(0.40%)

 

SBI証券での米国ETF(約定件数:4/23~27)

各証券会社で米国ETFはランキングされていますが、下記はSBI証券での米国ETFランキング直近10位(約定件数)です。

海外ETF純資産額ランキング20位に入っていないのは VTVYMPFFHDVSPXLです。特に VTVTI 共に日本では人気がありますね。

 

日本(SBI証券)で人気のあるETF

VYM:Vanguard High Dividend Yield ETF( 0.08%)34位
PFF:iShares U.S. Preferred Stock ETF( 0.47%)45位
VT:Vanguard Total World Stock ETF(0.10%)65位

HDV:iShares Core High Dividend ETF( 0.08%)110位
SPXL:Direxion Daily S&P 500 Bull 3x Shares (1.04%)

VYMHDVはバンガードとブラックロックの米国高配当株式ETFです。各ベンチマークや構成されているセクター比率に違いがあります。

PFFは米国優先株式ETFで毎月配当型です。最終的にはこちらのETFに投資する事は良いかもしれません。

VTは有名ですね。構成銘柄は米国・欧州・日本などの先進国株式に加えて、中国・インドなどの新興国株式を含み、その数はおよそ 7,400銘柄に分散投資されています。いちいち投資の事は気にしたくないと考えているのならVTで長期積立投資でも良いのではないでしょうか。

SPXLはS&P500の日次運用実績の3倍に連動するパフォーマンスを目指すETFです。ボラティリティが大きいのが特徴です。

各海外ETFをどのように選択すれば資産運用出来るのかが分からない時は、最近話題の『WealthNavi』はお勧めです。預かり資産は700億円を突破し運用者数で国内No.1のロボアドバイザーでもあり、『WealthNavi』の質問に答える事で各ETFの比率を教えてくれシュミレーションで将来の資産額を示してくれます。今なら6月30日迄にエントリーした場合、最大2か月分の手数料をキャッシュバックしてくれます。

WealthNavi

 

資産形成やオフショア投資、何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

オフショア金融商品を加えた資産形成術

最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

シーゲル流で海外ETF銘柄のポートフォリオ割合を考えてみました

海外養老保険って実際どうなの?魅力をリアルに紹介します!

オフショア積立投資の誘いが最近多いそうです。読者からのご質問から。

大学の学費の為に将来への投資を考えよう!

やっぱり良い金融商品!あるオフショア個人年金保険が12月で終了

勧められる金融商品は『手数料の高い金融商品』と疑った方が良い!?