シーゲル流で海外ETF銘柄のポートフォリオ割合を考えてみました

米国株式投資を行われている方では名著の、 『株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす』ジェレミー・シーゲル (著)に示されているシーゲル流ポートフォリオで、もし海外ETF銘柄のポートフォリオ割合を自分自身で考えた場合、どのような案になるか1例をご紹介させて頂きます。

シーゲル流の『理想のポートフォリオ』

非常に説得のある内容で各戦略を導き出しています。ただ、真似をするとなると各ETFを組み合わせていくので、どうしても手数料が高くなってしまう事は理解しておかなければいけません。

シーゲル流を『自分勝手にカスタマイズ』

 

米国株・非米国株
ワールド・インデックスファンドの米国株と非米国株は VTI VXUS にしました。VXUSVEU(Vanguard FTSE All-World ex-US ETF)でも良いかなと迷いましたが、VEUVXUS のベンチマークであるFTSEオールワールド(除く米国)インデックスは、米国を除く世界の先進国 および新興国株式市場の銘柄の中、米国を除く約50ヵ国の約2,200銘柄ですが、VEUは大・中型株、VXUSは大・中・小型株を主に対象にしていることもありカスタマイズではVXUS を選択しています。
また、BlackRock社のIXUS(iShares Core MSCI Total International Stock ETF)も候補に上がりましたが、VXUSと各構成比やリターンもあまり変わらなかったで、Vanguard社の VXUS を選択しています。

 

高配当戦略
VYMHDVのどちらかで悩まれると思います。まず構成銘柄数がVYMは約400、HDVは約80(2018年5月現在)となり、分散投資ということなら VYM に軍配が上がります。
セクター割合でみるとTechnologyfinanceの構成比が高いのがVYM。セクター別でhealthcareconsumer no-cycleを選択するとなると、HDVを選択する事でhealthcareconsumer no-cycleの割合が全体的に偏ってしまうので VYM を選択した方が良いかもしれません。

 

グローバル戦略
グローバル株式の大型株100銘柄で構成される指数と同等の投資成果をあげることを目指している、 IOO(iShares Global 100 ETF)を選択致しました。ただ手数料が0.40%と他のカスタマイズを行ったETFより高くなっているのがネックとなっております。カスタマイズを行うとどうしても全体的に手数料が高くなってしまいがちですので、敢えて選択する必要はあるのかと疑問も湧きました。

 

セクター戦略
手数料・純資産額・乖離率を考えてVangurd社StateStreet社で選択させて頂きました。ヘルスケア-生活必需品エネルギーの利回りが歴史上安定的に高い事がシーゲル氏によって示されています。ただ、時代の流れかエネルギーのカテゴリーはあまり最近利回りが良くありません。未来は誰にも分かりませんが、気になる方は組み込まれないのも作戦の一つかもしれません。

 

バリュー戦略
大型バリュー株のVTV・中型バリュー株VOE・小型バリュー株VBRがこの戦略の中で選択させて頂きました。手数料から見てVTVが一番安くなっていますが、長期間のリターンでみるとVBRが高くなっている事が分かっています。

まとめ

バフェット氏も勧めているように、S&P500 に投資する事で長い目で見れば歴史がリターンを証明しています。ですので、いちいち考える事が億劫なら S&P500 に投資をすることで全く問題が無いかと思われます。
またそれ以外でも全世界へと分散投資の出来る VT(Vanguard Total World Stock ETF)も非常に優良なETFです。
ただ、シーゲル氏は研究を重ね『株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす』を出版し、より良い投資法(リターン向上)を統計的に万人へ伝えています。

未来は誰にも分かりませんし、明日にも流れが急に変わるかもしれません。現にバフェット氏も「よくわからない」ハイテク株への投資を避けて、堅実なビジネスを展開する優良株を長期保有する主義ではありましたが、少し前にAppleの株を購入しました。

非常に参考になること間違いないです。まだ読まれていない方は株式投資のレテラシー向上にぜひ手に取って読んでみてください。

 

最後までお読み頂き有難うございました!
資産形成やオフショア投資、何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!
LIFEへのお問合せ

今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

仮想通貨は危険じゃないの!?資産形成でトライする価値はあるのか!?

リセールバリューがあるのか!?モノを購入する前に少し立ち止まって考えてみる

資産形成初心者が今日から始める為に、予め知っておきたい金融商品と方法!

無理のない積立を!言われるままにオフショア投資で長期間積立をする必要はない。

【2018年5月】証券会社を比較:SBI証券・楽天証券・マネックス証券

資産形成はまずやってみる事が大切!ただ上手い人に教わるのはもっと重要!