米国の富裕層は子ども1人に2億円の教育費!?これを聞いて思う事

米生活情報誌「タウン・アンド・カントリー」が2017年6月28日に発表した調査結果によりますと、

 

米国の裕福層は1973年の教育費は子どもが生まれてから大学を卒業するまでで総額30万ドルでしたが、2017年には170万ドルまで増えていっているとの事です。

 

実際、ハーバード大学、イェール大学、ブラウン大学などの1973年度の学費は年間5000ドル前後。2018年度にはハーバード大学 が4.6万ドル、イェール大学 は5.3万ドルと9~10倍に増えています。
大学の学費が全体的な教育費用を押し上げているのは、富裕層も庶民も変わりません。

 

ただ、一般的な平均の米国の親が子どもの小学校~大学卒業までに使う教育費は、平均5.8万ドルであることもHSBCの調査から明らかになっています。

 

単純計算すると、米国の富裕層の親は庶民の親のおよそ30倍の教育費を子どものために使っています。

 

この記事を読んで思う事

富裕層と一般庶民との教育費が差が30倍あったら、富裕層の子供が将来良い大学に入学する確率が増えて、その恩恵が社会人になっても有利に働くのは明らかです。

 

良い大学に入学して、年収の高い職業に就くことが必ずしも素晴らしい事では無いですが、まだまだ子供の時の勉強貯金が将来有利に働くことは事実

 

結局、教育費を使える裕福層の子供が大人になり、子供を産んでまた子供の為に教育費を使い、またその子供が大人になっていく。。

 

そして逆も然りで、負の連鎖です。教育費から格差は広がるばかりですね。

 

極端な話だったかもしれませんが、もし負の連鎖に自分自身が飲み込まれているとすれば、どこかで流れを変えないといけないかもしれません。

 

もし何かを気付かれたとすれば、その時はスグに行動を起こしてみても良いのでは。

 

皆様も無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

オフショア投資など何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

本日は最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

勝利の近道!?株式投資で利益を狙うには早めに教わるのがベスト!

資産形成はまずやってみる事が大切!ただ上手い人に教わるのはもっと重要!

オフショア投資ってなに?詐欺師に騙されないように資産形成を行いましょう

収入を得るためには考えましょう!専業主婦の方が稼げたりする世の中です。

資産を着実に増やす為、各金融資産のリターンとリスクを比較

リスクヘッジ!『日本円建ての資産』に偏っている人は海外資産へ分散投資!