国内保険は人ではなくAIに!ただオフショア養老保険とは解約返戻金で雲泥の差

面白い記事がありました。ただ率直に申し上げて、国内保険とオフショアの海外養老保険では、AIに移行して運用率の良い金融商品に出会ったとしても解約返戻金で雲泥の差です。

保険の相談相手は人間よりも「AI」のほうが信頼できる?

内容の焦点としては、

・社会人になったら保険に入るべきか!?
・新入社員に死亡保障は必要か!?
・「医療保険」は必要か!?
・「保険」が貯蓄代わりになるのか!?

といった文書がサラリと書かれており、『新入社員』にとっては、頭の片隅に置いておく良い情報かもしれません♪

 

最後に「 Donuts(ドーナッツ)」 という保険のロボアドバイザーサービスについても言及されており、公正中立的にもこれから保険の相談は人ではなく『AI』を信頼した方が良いのではとも記載されていました。

 

ちなみに、どんなものかと「 Donuts(ドーナッツ)」 という保険のロボアドバイザーサービスを確認しましたが、確かに『医療保険には契約する必要が無し』という画期的??な回答も示されました。

 

とは言っても、結局スポンサーについている提携保険会社の金融製品で埋め尽くされており、企業のバイアスが掛かっているサービスだと。今後全ての保険商品を正確に比較できるツールが出来ると良いですね。

 

国内生命保険は予定利率が低すぎるますね。。

良くリテラシーの低い日本人を騙す手法として、FP(ファイナンシャルプランナー)が『保険で資産を運用しましょう』などと言ってきて素直に契約している方がいらっしゃいますが、運用率をしっかりと確認致しましょう。

 

国内の生命保険という『手数料が高く、手数料の配分も不明瞭』な金融商品で『人生の資産形成』を主に行うという事は、仕事1本のサラリーマンでしたら、お言葉が悪いですが既に『人生詰み掛かっています』。。

 

私なら国内保険は興味がありませんが、もし契約しなければいけないのなら掛捨て保険の一番安い金融商品を契約し、そしてオフショア金融商品を入れずに『運用』するとなると、投資信託(手数料が少ないもの)・海外ETF・積立NISA・iDeCo・個別株などで資産形成を行います。

 

当たり前の事は世界では当たり前ではない事は多々あります。上手く金融商品を組み合わせて『損をしない生き方』をしましょう♪

 

そして無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

本日は最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

資産を着実に増やす為、各金融資産のリターンとリスクを比較

魅力ある海外養老保険の新規加入はあと数か月!?メリットとデメリットをご紹介

資産形成初心者が今日から始める為に、予め知っておきたい金融商品と方法!

貯蓄をする為に、まずは一ヵ月で構わないので家計簿を付けてみるのも有り!

国内外貨建て生命保険 と オフショア生命保険 では運用方法が全く違います

運用益は上々です(株式市場好調)。ポートフォリオ比率を見直し!