住信SBIネット銀行が、お勧めしたい銀行の中で最も高いランキング評価を得ました

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、銀行の利用者を対象に、NPSのベンチマーク調査を致しました。

 

調査対象企業(50音順):
イオン銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、ソニー銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、りそな銀行
調査対象者: 上記銀行の口座保有者(1年以内の利用あり)
回答者数: 6,995名
回答者の属性
【性別】男性:60.7%、女性:39.3%
【年代】20代以下:9.6%、30代:17.0%、40代:22.7%、50代:19.1%、60代以上:31.6%

 

NPSベンチマークとは『顧客ロイヤルティ』を計測する指標で、『友人や同僚へ勧めたいか?』と 17個の項目に渡り本調査では行っています。

そうしたNPSですが、1位は 住信SBIネット銀行 です♪

 

お勧めしたい銀行 第1位『住信SBIネット銀行』

 

NPS 1位住信SBIネット銀行は、資産運用をする利用者の割合も高くSBI証券との連携の利便性ネットバンキングのユーザビリティの高さ金利や手数料の魅力が、推奨理由として多くあげられています。

 

2位 A社は、グループのクレジットカードや店舗との連携のよさ(ポイント等含む)ネットの使いやすさ同率2位 B社は、地域に密着した店舗ATM網の充実や手数料の安さが特に高い評価を得ていました。

 

全銀行の順位順を開示されていませんが、第2位は楽天銀行第3位はゆうちょ銀行 だろうと予測されますね♪

 

ネット銀行は通帳がありませんが、ネットで全て管理出来ているので問題ありませんし、大手の銀行に比較して店舗を持たないので人件費などのコストを抑え、顧客に様々な点で手数料を減らす努力をしています。

LIFE

LIFE
住信SBIネット銀行とSBI証券を一緒に開設する事により預金の利率も上がるので大変便利です

以下にこんな記事も書いています♪

証券会社はネット証券で開設するのが1番です。 言わぬがなネット証券は人件費が掛からなく手数料が安いのが特徴の一つでもあるので、ネット証券を...

皆様も無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう !

本日は最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

サラリーマンは朗報!?副業制度を導入する企業が大手でも増えつつありますね!

将来の目標金額に向かって各々でカスタマイズ!運用手段は千差万別

子供の教育費がかかるまでには資産形成が整っているとベスト!

将来の老後を考える!手堅いオフショア投資・時代に沿った投資の必要性

資産形成はまずやってみる事が大切!ただ上手い人に教わるのはもっと重要!

お金持ちへの近道。資産形成の目標金額をシュミレーション !