ひふみ投信の基準価額が最近下がり続けてるので日本・米国株のベンチマークと比較を行ってみる

@lifeinvest)です。

昨今、ひふみ投信を購入している方がSNSなどで、『解約する!』『総資産額が増えた事で運用し辛いのでは!』などアタフタしたコメントが大変増えています

ですので2018年に入ってから、ひふみ投信がどれぐらい基準価格が推移したのかを確認すると同時に、日米株のベンチマークも併せてご紹介致します♪

LIFE

LIFE
誤解の無いように申し上げますが、LIFEはひふみ投信を購入しています

2018年1月~現在迄 株価・基準価額の推移

ひふみ投信の基準価額推移

確かに、今年に入って下降成績ですね。では、ひふみ投信が運用成績を比較するのに対照としているTOPIXのベンチマークとも比較してみましょう。

TOPIX 株価推移

見て分かりますように、TOPIXの株価推移も2018年の今年に入ってからは減少しています。

 

ただ、TOPIXの価格が下がっているとはいえ、こちらは8月上旬に発表された、2018年7月 月次運用レポートではありますが、直近ではTOPIXをアンダーパフォームしています。

アンダーパフォームは、「アンダーパフォーマンス」とも呼ばれ、金融業界において、投資成果を表す言葉として使われ、運用成績がベンチマーク(指標)を下回ること
逆が、アウトパフォームとなります。

運用に必要となる手数料も併せれば(年 1.0584%+監査費用+その他費用)、最低でも、TOPIXより年で1.0584% 以上は運用を上回ってほしいところです。

高い手数料のアクティブファンドは高い運用を顧客から求められるのは宿命です。

 

米国株での S&P 500 の株価推移

こちらは、VOO:Vanguard S&P 500 ETF (手数料0.04%)を参考にしました。

さすが、米国株といったところでしょうか。2月での落ち込みを見事挽回しています。ちなみに、海外ETFはひふみ投信と比較してアウトパフォームは勿論の事、手数料も激安ですね。

金融商品を購入の際には再確認

金融商品を購入する限り、当たり前ですがノーリスクなモノなど存在しません。『銀行預金』と言えども、低金利やインフレにより預金金額が目減りするリスクがあります。

ましてや、『ひふみ投信』のようなアクティブファンドを選定していると、インデックスファンドと比較して、短期的なリターンは勝つ確率が上がりますが、長期的に見ればずっと市場平均に勝ち続けるのが難しい事が、どのファンドマネージャでも歴史的に言われています。

『モーニングスター』・『口コミ』・『カンブリア宮殿を視聴』で、なんとなく購入された初心者の方でしたらしょうがないと思いますが、そこそこ資産形成を行っている方が声を大にして言ってるとしたらちょっと残念です。。

勿論、ファンドの考え方が変わってきたらと思われるなら解約も致し方無いと思われますが、そんなのは今さら始まった事ではありません。

そんな方へのお勧めは

現状、アクティブでの運用はちょっと違うなと感じたら、海外ETF元本確保のあるオフショア金融商品がお勧めかなと。

どちらも外貨での運用となりますので(海外ETFも出来れば外貨で)、日本円だけで積み立て行っている方は是非リスクマネージメントの為にも、外貨で運用された方が良いです。

ちなみに、○○保険での外貨運用は手数料がもの凄い事になっているので資産形成には入らないとLIFEは個人的に考えています。注意してくださいね◎国内外貨建て生命保険 と オフショア生命保険 では運用方法が全く違います

LIFE

LIFE
こんな記事も書いていますので宜しければどうぞ♪
これから資産形成を始めようと考えている初心者の方は、まず何から取り組めば良いのかをお悩みではないでしょうか。 現在、読者からの『問い合わせ...
海外積立投資で人気のあるインベスターズトラスト(ITA)S&P500 index は元本確保型でもあるので、学資保険にぴったりと言われています。...

記事についてご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい!LIFEへのお問合せ

本日は最後までお読み頂き有難うございました!
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
今後とも応援をどうぞ宜しくお願い致します(^^)

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

ジュニアNISAとは。メリットだけ?デメリットも併せて比較

資産形成の第一歩は『貯蓄』。まとまったお金が無いとリターンも期待出来ない

トランプ大統領就任日前後からの海外ETFセクター別のリターンを比較

日本の投資信託の実情 ② ~平成27年事務年度 金融レポート~

子ども一人育てるのにかかる費用は!?将来の具体的な金額を確認する

貯蓄する時期は意外と無い?貯蓄時期を後から知ったでは絶対後悔!