国内保険での資産形成は意味が無く、知人・友人からの勧めでは保険に入るべからず

@lifeinvest)です。

 

国内保険の内容を営業セールスマンと話した時に、『将来お金の不安が無くなるよ』・『賢く資産運用もさせたら』と保険を使った資産運用を勧められた事はありませんでしょうか。

 

退職すると同時に、これだけお金が貯まるので安心しますよ!とシュミレーションを見せられて気持ちよくなってはいませんでしょうか。

 

LIFEの考えでは、高い保険料を毎月支払い将来の為に貯蓄するぐらいなら、一番安い掛け捨ての保険を契約して、差額分を自分で運用させます

 

もし仮にお金が必要になった場合でも、自分で運用させた方が簡単に引き出せるし、流動性が非常に良いからです。

 

国内保険の営業マンの知り合いは沢山いますが、日本人は『病気』・『死亡』といった不安を煽られる事で契約する割合が非常に高くなるらしいです。

 

あと国民性かもしれませんが、一番のお金持ちの瞬間は『死ぬ間際』です。

知人・友人からの契約すると100%後悔します

知人・友人から保険を勧められて、そして良い顔をして保険を契約すると将来後悔します。

 

まず、保険営業マンの知人・友人は将来転職しないでしょうか。かなりの確率で転職しますよ。

 

結局1番良い保険を売る為に会社に居続けるなら良いですが、結局転職する理由の1番は『給与=お金』の為です。

 

最悪、友人・知人との人間関係悪化に繋がります。

 

そして下記には、優秀な保険の営業マンとして記事が書かれていますが、何か違うと感じませんか??

専業主婦が保険営業5万人中1位に大変身

 

金融リテラシーが低いと、相手との付き合いという人間関係が、自分自身の中で非常に高いウエートを占めてしまい、脳を麻痺させ正常な判断が出来なくなります(笑)

 

ちょっと過激な言い方かもしれませんが、知人・友人は、自分との人間関係が既に構築されているので、契約に行きつくケースが高いんですね。『友人だし変な保険を勧めてこないよね』とか。

 

後々、友人・知人から国内保険を契約してしまいますと、自分自身の金融リテラシーが高くなった時に後悔しますよ。

 

こういう考え方の人って、拡大していくと、投資詐欺にも引っかかる素質があります。だいたいの投資詐欺も友人・知人・ママ友などの人間関係が構築している方からです。

 

国内保険で資産形成を考えられた方は、海外生命保険と是非見比べて下さい

現在は海外渡航しなくても良くなりました♪ 以前からオフショア海外養老保険についてのブログを書いて来ましたが、オフショア海外養老...
FlexiRetire Annuity Plan が発表されました。下記のblogも参照頂けますと幸いです。 ※現在渡航無しになりまし...

皆様も無理をしない正しい資産形成で、将来子供や一番身近な人を幸せにして頂けますと幸いです 。 一緒に頑張っていきましょう 。

オフショア投資・投資仲間、何かご不明な点が御座いましたらお問合せ下さい。LIFEへのお問合せ

本日は最後までお読み頂き有難うございました◎
今回のブログ記事が良ければ、下のバナーをクリック宜しくお願い致します♪
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

関連記事

誰もが出来る最初の簡単な資産形成術。格安SIMを使ってますよね?

年金受給額は平均でいくら?老後で焦らないように具体的な金額をシュミレーション!

皆様意識されてますか!?将来このままでは貯蓄も満足に出来なくなる可能性!

超富裕層も1日は同じ24時間。違うのは判断力と行動力。

資産形成で重要なのは投資金を貯蓄すること。

資産を着実に増やす為、各金融資産のリターンとリスクを比較