2031年に国立大学の学費が54万→97万へ

皆さんはこちらの記事をご存知でしょうか。

一部報道により、国立大学の授業料について、文部科学省が2031(平成43)年度には年間約93万円に上がるとの試算を示したとして、保護者の関心を集めている。財務省の長期試算をもとにすると、国立大授業料は毎年2万5,000円程度、15年後には約40万円増になるという。

国立大学の授業料は、平成27年度標準額で年額53万5,800円

国立大学の自己収入増を授業料値上げで補填すると、毎年2万5,000円程度、15年後には約40万円増の約93万円に上がる見込み

2009年以降に生まれた子供を持つ家庭は特に注意

なぜかと言うと、現在国立大では運営交付金(51.9%)と補助金等(15.6%)をあわせ、7割弱を占めているとのこと。

今後少子化が進む中で安定的に国立大を運営するためには、運営費交付金と自己収入を同程度にすることが必要と指摘され、実現にあたっては交付金を毎年1%減少させ、自己収入を1.6%増加しなければならないとした。

2031年 = 22歳

2009年 = 0歳

つまり 2009年以降に生まれた子供を持つ家庭は十分お金を貯める必要がある。

 

そうなると、真っ先に子供を持つ家庭が考えることは・・・・

次回、ご紹介させて頂きます。

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産形成への第一歩。「四分の一」貯金。

誰もが出来る最初の簡単な資産形成術。格安SIMを使ってますよね?

金融資産を貯蓄だけにしていると徐々に資産は目減りしてしまいます。

固定収入アップ!収入の柱が1本だけの時代は終了。出来る方はやってみませんか。

2018年の抱負!明けましておめでとうございます!

日本人の富裕層はどれぐらいの純金融資産を持っているのでしょうか?