子ども一人育てるのにかかる費用は!?

先日おもしろい記事をみつけました。

 

先日もお話したが、子ども一人育てるのにかかる教育費用の現実をみてみましょう。

 

・大学までの教育費

・共働きの場合は保育園代(年収や地区によって差があり)

・習い事

・学習塾代

 

 

引用先:SMBCフレンド証券より

 

 

こちらでは、子供1人にかかる教育費は700万〜2070万。もちろん、大学が遠方になれば一人暮らし用の家賃や生活費の仕送りも必要です。

 

学習塾代

 

 

 

・公立の場合:小学校14.6万円 中学校:29.2万円 高等学校:28.6万円

・私立の場合:小学校31.9万円 中学校:25.2万円 高等学校:36.5万円

 

是非とも、現在持っている資産や、これからの給与をもって、子供の将来の為にも元本保証のある運用で増やしていきたいものです。

 

この内容にご興味持たれた方はメッセージをどうぞ!

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誰もが出来る最初の簡単な資産形成術。格安SIMを使ってますよね?

金融資産を貯蓄だけにしていると徐々に資産は目減りしてしまいます。

資産形成の第一歩!投資に対して行動しない人は『気付き』を得れない!?

サラリーマンは朗報!?副業制度を導入する企業が大手でも増えつつありますね!

資産形成への第一歩。「四分の一」貯金。

リスクヘッジ!『日本円建ての資産』に偏っている人は海外資産へ分散投資!