人生を守る商品・未来の為に攻める投資

みなさんは自分の資産のポートフォリオを見直したりしてますでしょうか。

 

 

現在の仕事での固定給を主軸にし、節約を続けてお金を捻出されているかと思います。捻出したお金の中で、こちらは差がありますが、固定費(家賃・保険・学費)を支払い、そして食費、インフラ費、雑費を節約し、残りを貯金をされているかと思います。

 

 

その貯金を銀行に置いているのか、それとも投資するかは人それぞれかと思いますが、私なら固定費の見直しから考えます。上記の固定費で一番見直しで将来差がでるのは保険です。こちらは『守りの商品』と言わせて下さい。

 

 

守りの商品では海外の養老保険です。こちらはとても堅実で守備的な運用を心掛けており、低利ですが基本的にマイナス運用は有り得ません。プランには養老保険であるので死亡保障がついており一定期間以降(5・10・15・20年)は積み立てた金額以上の解約返戻金があります。

 

 

日本にも養老保険商品はありますが、生命保険会社が減らしています。なぜなら、貯蓄性もあり生命保険の効果もある『養老保険』と言うのは、生命保険会社にとって利益が少ないからです。社員の生活も掛かってますからね。当然といえば当然ですが。

 

 

現状ある日本の予定利回りは1%未満ですが香港では4%辺りが普通です。積立期間は5年から20年と選択出来て長期間温めておけば大きな資産が形成でき、それと同時に手厚い死亡保障も付いています。

 

 

こちらは、死亡保障もあり、積み立て以上の解約返戻金もあるので『攻めと守りの両方を持った商品』とも言えるのでしょうか。あと、私なら別途他のプランも追加で行いますが、こちらは別の機会にご紹介させて下さい。

 

 

続いては『攻めの投資』です。ご存知の通り銀行に寝かせているだけでは勿体ないので、運用させましょう。

 

 

運用としては投資信託は前回のブログでもご紹介しましたが、やめた方が良いですよ。

日本の投資の実情①

日本の投資の実情②

 

最近ではノーロードで『ひふみ投信』だけにはLIFEは興味があります。アクティブファンドかインデックスファンドで双方譲らない論争が繰り広げられてますが、一つ言えるのはすぐに結果を出そうとしないことです。ちなみに私は株で運用しています。

 

あと、LIFEは仮想通貨にも投資しています(こちらは少額で夢を買う為です)。ただ、絶対に私募投資案件の仮想通貨は絶対にダメですよ。ちゃんとした仮想通貨取引所で行いましょう。

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックよろしくお願いします!↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オフショア投資での『海外生命保険』と『海外長期積立』の違いを分かり易く!

オフショア長期積立はオフショア生命保険と違い『初期口座』・『貯蓄口座』がある

インベスターズトラスト!固定金利一括払いプランは堅実な短期運用の商品

日々情報網を構築!ただ様々なオフショア投資のブログを見ても認識していることばかり

国内外貨建て生命保険 と オフショア生命保険 では運用方法が全く違います

安定志向の方はお勧め!?優待目当てて株を購入し分散投資でも面白いと思う。