時間を味方に付ける資産運用 72の法則 

資産運用を行う際、『〇%で運用』と良く見掛けます。その際、簡単な指標として『72の法則』と言われるものを一度は聞いたことがありませんでしょうか。72の法則は、一瞬で将来の資産を計算出来ますので覚えておいても損のない数値だと思います。

 

簡単に言えば、現時点の資産を複利で運用する際に、実際の運用利回りを72から割った数値が、資産が2倍になる年数となります。

 

(例)

運用利回りが15%  72÷15=4.8年  5年で現時点の資産が2倍

運用利回りが10%  72÷10=7.2年  8年で現時点の資産が2倍

運用利回りが5%   72÷5=14.4年  15年で現時点の資産が2倍

運用利回りが1%   72÷1=72年    72年で現時点の資産が2倍

運用利回りが0.01%  72÷0.01=7200年    7200年で現時点の資産が2倍

 

現在1年の定期預金でお金を運用した際には、おそらく0.01%ぐらいですので7200年後に資産が2倍になる計算です(笑)生きてませんね(笑)

 

 

それと比較するとオフショアの運用利回りは大変現実味がありますので、子供や身近な人の為にも資産を残せます。

 

そしてオフショア生命保険は万が一の死亡保障や解約返戻金に、この運用益が加わるので大変興味深くなっております。運用利回りで資産運用を考えている人・考えていない人の差は大変大きいです。

 

100の法則 115の法則

72の法則と共に、100の法則・115の法則も覚えていると便利です。

 

100の法則は現在の資産を単利で運用した際に資産が2倍になる年数です。こちらは72の法則と一緒に、単利と複利で比較することができます。

(例)

運用利回りが5%   100÷5=20年  20年で現時点の資産が2倍。単利だと複利と比較して資産が2倍になる時間は5年長くなります。

 

また115の法則は現在の資産を複利で運用した際に資産が3倍になる年数です。

(例)

運用利回りが5%   115÷5=23年  23年で現時点の資産が3倍。複利だと15年で2倍。23年で3倍ですね。

 

ひとりひとりの未来の為に

72の法則・100の法則・115の法則があるように、私は早い時期から投資を勧めたいのです。やっていない人より必ず10年20年で差が付きます。そして勿論早ければ早い方が良いですが、まだの方は間違いなく気付いた時が最短となります。

 

そして失敗しない『攻めと守りの商品』を手に入れてしっかりと自分自身の守備を固めてから『攻めの投資』を行いましょう! →『攻めと守りの商品』についてのブログはこちらまで

 

そして時間を味方に付けた資産形成で一番適しているのは子供達です。 →将来の為の子供へのプレゼント

 

子供達や、それ以外にも一番身近な人がいらっしゃいましたら、是非投資の重要性をひとりひとりに共有し未来につなげてはいきませんか。

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックよろしくお願いします!↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ

『海外オフショア・国内金融商品を上手く活用する事で、資産形成を加速的にスピードアップさせる方法』
 

各オフショア金融商品のシュミレーションを載せた、資産形成ノウハウを一挙公開させて頂きました♪

              

オフショア金融商品を加えた資産形成

 

有料noteはこちら

有料PDFはこちら

 

【オフショア金融商品を加えた資産形成術】

【目次】

1.『まずは固定費の見直し。支出を抑え軍資金を捻出!』

2.『将来目標としている資産を考え、イメージする』

3.『毎月の収入が足りなければ、すぐ副業。すぐ行動』

4.『国内生命保険・学資保険・個人年金は正直魅力が無い』

5.『海外の金融商品をもっと身近に考える。グローバル思考で』

6.『株トレード(国内・国外)で攻めの投資』

7.『仮想通貨は長期的に無くなっても良いお金で』

8.『国内でも購入出来る良い金融商品もある』

9.『投資詐欺には気を付けて。その為にもリテラシーを上げる努力を!』

10.『まとめ』

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

各々比較して下さいね!オフショア長期積立投資は一つだけではありません♪

年金受給時期の報道!あらためて老後の個人年金保険について考える。

資産形成の第一歩!あなたはマイノリティ? or マジョリティ?

ランキング上位の国内個人年金と、オフショア個人年金を比較。運用率が全く違いますね

メリット!?インベスターズトラスト S&P500インデックスは学資保険に良い!?

オフショア海外生命保険と国内生命保険を比較。まず『死亡保険金』の仕組みに驚きます